Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【無給でもいいから働かせて欲しい】

    2010年11月21日

     
     
     

    上司は部下に、働くことの意味を教えなければなりません。
    ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」(あさ出版)の
    中で、著者の坂本光司氏は、次のようなある禅寺のお坊さんの言葉を
    紹介しています。
    > 幸福とは、〈1〉人に愛されること、〈2〉人にほめられること、
    > 〈3〉人の役に立つこと、〈4〉人に必要とされることです。
    > そのうちの〈2〉~〈4〉の3つの幸福は、働くことによって
    > 得られるのです。

    つまり、働く目的は、「人のためになって、幸福を感じること」だと
    いうことでしょう。
    浜松の繁盛農園、京丸園は、障害者活用の先進企業です。
    よって、同社には、多くの障害者の方が面接を受けに来られます。
    しかし、もちろん、すべての方を採用するわけにはいきません。
    不採用になった方の親御さんの中には、次のようにおっしゃる方が
    多いそうです。
    「無給でもいいから、うちの子を働かせて欲しい」
    幸福感と仕事の関係性が、よく解かる話だと思います。
    上司は、部下の人生を豊かにするために、仕事の意味についての
    示唆を与えて欲しいと思います。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら