Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【本音へのアプローチ】

    2012年8月13日

     
     
     

    広告にとって、キャッチコピーは、最も重要な要素のひとつです。
    まずは、キャッチコピーで心をつかまなければ、内容を読んでもらう
    ことができません。
    ですから、ビビッとくるものを生み出すために、頭をひねる必要が
    あります。
    そのときのポイントは、ターゲットの本音にアプローチすることです。
    要望には、本音と建前があります。
    建前の要望に対応したキャッチコピーは、美しく耳心地がよいですが、
    本当には響いていません。
    「パパ、お疲れやから近場でええで」
    ウォーターパーク アマラーゴという、大型プール施設のチラシの
    キャッチコピーです。
    小学生くらいの子どもが、すり鉢でゴマをすっている写真が、掲載
    されています。
    とても秀逸なキャッチコピーだと思います。
    これが、「子どもと一緒に夏休みを愉しみませんか?」という主旨の
    キャッチコピーだと、どうでしょうか?
    当たり前過ぎるだけでなく、今一歩、本音に響きません。
    世のパパ達も、もちろん愉しみたくないわけではないでしょう。
    しかし、「疲れているから、大そうなことはしたくない」という
    本音があるパパも、多いのではないでしょうか?
    その気持ちに、アマラーゴのキャッチコピーは、ジャストミートして
    いると感じます。
    ターゲットの本音はどこにあるのか、頭をひねってみることです。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら