Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【面接と面談】

    2012年9月16日

     
     
     

    人材採用活動にあたっては、「面接」と「面談」をうまく使い分けて、
    よい人材を選択し、雇聘(こへい)したいものです。
    面接の主目的は、応募者の力を測ることです。
    まずは、面接によって、相手の素頭(すあたま)、事前準備力、
    および募集職種に必要な能力を視ます。
    素頭とは、即答力、即行力、状況把握力など、「素」の頭のよさです。
    面接は、基本的に、こちらからいろいろ質問をし、相手はそれに
    答えていくというスタイルです。
    この目的からすると、1人ずつ実施する必要はなく、集団面接でよい
    でしょう。
    これに対し、面談は、相手と自社の相性を測る機会です。
    ざっくばらんに話をし、お互いの本質を知ることが、目的です。
    こちらも、相手も、自己開示しなければなりません。
    ですから、面談は、個別に実施することになります。
    面接の次の段階が、面談です。
    面談にあたっては、最初に「今回は、面接ではなく面談です。お互い
    『隠しごとなし』でいきましょう」と伝えます。
    そして、まずは「何でも訊いてください」と言って、質問をして
    もらい、自分(自社)から自己開示するとよいと思います。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら