Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【ゴールデンエイジ】

    2012年11月28日

     
     
     

    1995年に、名古屋グランパスエイトを率いて天皇杯を制し、その後も
    世界で成果を上げ続けている名伯楽、アーセン・ベンゲル監督は、
    次のように述べています。
    > 特にサッカーのようなスポーツの場合、肉体のコントロールや
    > ボールのコントロールと言った技術は、なるべく小さい頃から
    > 学び始めなければならないということだ。
    この「なるべく小さい頃」とは、人間の成長期でゴールデンエイジと
    言われる6~9歳の時期でしょう。
    ベンゲル監督は、「転がっているボールを足で操作するという、全く
    自然ではない動作を自然にできるように身に付けるためには、できる
    だけ小さい頃から、始めなければならない」と言います。
    そして、それは、「大きくなってからでも学べることは置いておいて、
    小さいときに徹底して身に付けるべきことを学ぶべきだ」ということ
    でもあります。
    基礎的技術と実戦的戦術をごっちゃにしてはならないのです。
    企業においても、社員の段階と叩き込む内容を間違えてしまっては、
    効果的な育成はできないものだという認識が、必要だと思います。
    特に、新卒3年目までのゴールデンエイジが、大切でしょう。
    サッカー名監督 超一流の思考
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら