Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【シナリオづくり】

    2015年6月13日

     
     
     

    世界的な石油会社、ロイヤル・ダッチ・シェルには、外部環境を分析
    する専門の部署があります。
    この部署の主な仕事は、あり得そうな未来を描いた『シナリオ』を
    つくることです。
    目的は、自社が、これからの時流に適応した戦略を策定するに
    あたって、そのシナリオを参考にするためです。
    ただし、シナリオづくりには、重要なポイントがあります。
    それは、ひとつではなく、2つ以上つくることです。
    なぜなら、ひとつのシナリオしかつくらなければ、「あり得そうな
    未来」ではなく、「あって欲しい未来」になり、将来予測の域を
    出ないものになる可能性があるからです。
    人間は、変化を恐れる傾向があるため、今の状態が永く続くことを
    期待して、将来を予測してしまうのです。
    ですから、異なる視点で、複数のシナリオをつくることが、重要です。
    どのケースになっても、対処できるようにしておくのです。
    各国の政情や経済の動向に、特に大きな影響を受ける業種のトップ
    クラスの企業のリスクマネジメント策です。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら