Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    運賃交渉のタイミング

    2014年9月1日

     
     
     

     運賃の値上げ交渉は、運送事業者にとって会社の今後を決める重要な場。値上げ出来るかどうかは、事業者の立場を如実にあらわしているといっていい。ほかの事業者がどのように、どのタイミングで交渉しているか気になるところだ。
     事業者が運賃交渉に踏み切るタイミングとして、最も多かったのが「燃料価格の高騰時」で、次に「高速道路料金の値上げ時」。どちらも社会的に影響が大きく、業界の窮状を荷主サイドも認知しやすいため交渉に踏み切っているようだ。


    081914.jpg
     大阪市此花区の事業者は、運送事業者はアベノミクスの恩恵にあずかっていないことを挙げながら、書面で荷主企業に運賃設定の見直しを求めた。「傭車不足や人員不足、車両価格の上昇などで厳しい状況が続き、自社努力はしているけれど、思うように結果が出ていないのが現状。そこで、コンプライアンスを順守するためにも、運賃の見直しを荷主にお願いした」という。
     大阪府門真市の事業者は「経営がうまくいかないと思った時には運賃を上げる。今はまだその時期ではない。時流に乗って運賃値上げの交渉をすると、お客さんが離れていってしまう危険性もあるので、交渉は慎重にする」と話す。
     一方で、運賃交渉のコツについて同高槻市の事業者は「距離や時間などの前年比を書類に盛り込んで見せること。どんなに口頭で困っていると言っても、『それなら、そちらでがんばって下さい』としか言われないため、書類は必ず用意する。また、よほど仕事内容が変わった場合などには交渉の余地はあるが、下手にお願いすると、『ほかに仕事をまわす』と言われるのがオチ。むやみにお願いすることは得策ではない」と話す。
     同事業者では、荷主への運賃交渉が難しいと考え、中距離の仕事を請けなくなった。「仕事量に対しての運賃が割に合わなくなり、売り上げに対しての維持費のバランスがくずれてきていた。会社を、そしてドライバーを守るためなので仕事を切ったことは後悔していない」とも。荷主サイドも厳しい、と交渉を取り合ってくれないことも多いようだ。
     消費増税前には運送業界全体が車両不足となり、一時的に運賃単価が上がったが「運賃値上げ交渉をしなかった」という大阪市西淀川区の事業者は、「完全に交渉のタイミングを逃した。今後は燃料価格の高騰にあわせて持続的に交渉していくしかない。新しい仕事が決まりそうになったら、運賃交渉をしていこうと思う」と話す。
     また、大手荷主と取引する東大阪市の事業者は「協力会社が数十社あるなかで、当社だけが値上げを要求するわけにもいかず、誰が先に切り出すのか顔を見合わせている。先に切り出すと逆効果」ということもある。
     燃料価格の高騰や高速道路料金、電気料金の値上げなど社会全体で値上げされる要因があれば、交渉を切り出すことが多いことから、従来から取り組んでいる安全や環境にかかるコスト増で転嫁しきれていないことがうかがえる。ドライバーの給与へのしわ寄せ、暮らしや経済のライフラインであるトラック運送業がないがしろにされるようでは業界全体の活気を取り戻すことは難しい。「この値段で仕方ない」と考えるのではなく、業界の魅力づくりには不屈の精神で運賃単価の改善にあたることが必要だ。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら