Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本郵政公社・楽天 匿名配送システムで提携

    2006年7月7日

     
     
     

     日本郵政公社と楽天はこのほど、ネットオークションの商品を匿名で配送するサービスで提携すると発表。
     代金は後払いで出品者と落札者が匿名で商品のやり取りをするシステムを開発する。利用者は住所や名前を登録し、落札が決まると、楽天が落札者のIDを出品者に連絡。出品者は商品配達時にゆうパックを利用し、送り先にIDを記入する。簡易局をのぞく約2万局の郵便局で受け付け、利用料はゆうパックの通常料金に150円が加算される。
     電子メールの普及で郵便事業が不調な郵政公社には、ゆうパックの取り扱い拡大は事業再建への大きな課題であり、今回の提携で、できる限りゆうパックの利用増につなげたいとしている。
    ◎関連リンク→日本郵政公社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら