Now Loading...
 
  • トピックス

    日本シーエス物流(青森県青森市)が自己破産申請へ

    2012年2月9日

     
     
     

     日本シーエス物流?(資本金2100万円、青森県青森市野木山口164ー52、代表工藤敏雄氏、従業員27人)は、1月31日に事業を停止。事後処理を小野允雄弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入った。


     同社は、2006年6月設立の貨物自動車運送業者。小型トラック12台、大型トラック8台の計20台の車両を保有し、市場筋のチャーター便や全国各地の長距離輸送を主体に運営されていた。設立当初は青果物の輸送が大半を占めていたが、その後、順次販路を開拓するとともに、積極的な増車で業容を拡大していった。直近期の11年3月期は約2億1400万円の年収入高を計上していたが、下請け受注が大半であったことや設備投資負担が重荷となり、収益性は低迷した。

     事務所移転と物流センター事業への参入など新規事業への参入も模索していたが、事業計画に狂いが生じ、11年夏頃からは地元大手ドラッグストアの配送業務にも従事し、業態安定化を図ったが、主力の青果物輸送が震災の影響や天候不順などで受注が激減したことや、急激な設備投資が資金繰りを圧迫、取引先からの協力などでしのいできたものの限界に達し、今回の事態に至った。

     負債は約3億2000万円。

    (東京商工リサーチ・帝国データバンク調べ)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら