Now Loading...
 
  • トピックス

    梅田回漕店(広島県福山市)が破産手続き開始決定を受ける

    2012年5月15日

     
     
     

     ?梅田回漕店(資本金2070万円、広島県福山市鞆町後地26?91、登記面=同白茅26?77、代表梅田愃氏)は、4月13日に広島地裁福山支部から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は、神原宏尚弁護士。


     1940年に海上運送・沿岸荷役業を目的として個人創業、1962年7月に法人改組したラフタークレーンのリース、レンタル、陸上、海上貨物輸送業者。福山市鞆町の鉄鋼、伸鉄業界を得意先とし過去には自社船舶を所有しての海上輸送、トラックによる陸上輸送を行い、平成3年には年収入高約18億円を計上していた。

     しかし、得意先である鉄鋼・伸鉄業者は海外からの安価な製品の流入により急激に失速し、海上貨物輸送の需要は大幅に減少したため、主力を大阪支店で行っていたラフタークレーンのリース、レンタルに移していった。しかし、これもリーマン・ショック後の設備投資意欲の減退、公共工事の減少により苦戦を強いられ、2010年6月期の年収入高は約3億4200万円にまで減少し、採算性の低迷から財務内容が悪化して資金繰りも悪化していた。先行きの見通しが立たず今年3月15日に自己破産の申し立てを行った。負債は約7億円。

    (東京商工リサーチ・帝国データバンク調べ)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら