Now Loading...
 
  • トピックス

    ドライバー不足が深刻 引き抜きに加え「風評被害」も

    2012年6月21日

     
     
     

     ドライバー不足が深刻化し、ドライバーの引き抜きも一部では発生している。景気低迷で物量は例年に比較して少ないとされているものの、ドライバーのなり手はなかなかないようで、また、なり手の多くは中高年や未経験者らで、運送事業者も「彼らを雇い入れ教育する余裕はない」などの理由から、引き抜きにつながっているようだ。



     大阪府堺市の運送会社は、ドライバーが他社に引き抜かれ、さらに自ら退社したドライバーらが、同社のあることないことを他社で流し、「それが原因でドライバーが集まりにくい」と、風評被害に遭っている現状を語る。

     同社には、もともと若いドライバーも多かった。しかし、数年前に配車担当者が代わってから、自ら退社する者や他社からの引き抜きなどが発生。ここ最近では、常に3人から4人のドライバー不足に悩まされ、多くの知人にドライバーを紹介して欲しいと依頼するものの、来るのは未経験者ばかり。また、経験のある人材は、「評判が悪い会社なので勤めたくない」と断られるという。

     ドライバーからの不評については、主に配車担当者がドライバーによって仕事の割り振りに大きく差をつけ、配車担当者に好かれなければいい仕事がもらえないなどの理由から、同社を退社する人がほとんどだということが判明。

     その後、同社ではその配車担当者に退職してもらい、新たに自社で育てた配車担当者に切り替えたものの、すでにさまざまな風評が広まった後で、現在でも不評の声が聞かれると語る。(佐藤弘行)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら