Now Loading...
 
  • トピックス

    運送会社再建へ シーエムオーが経営参入

    2012年6月22日

     
     
     

     厳しい経済環境を反映してか、労使間で賃金や未払い残業代、休暇などの労働条件をめぐるトラブルが後を絶たない。物流専門の経営コンサルタント・シーエムオー(川?依邦社長、大阪市北区)は5月に企業の継続と雇用を確保するため、債務超過となった広栄陸運(大阪府摂津市)の経営に参入した。同社は再建を進める上で給与体系の見直しを求めているが、労働組合側は残業代の未払いに加え、賃金アップなどを求めている状況で「時間外手当が払える経営状況でない」とする同社と、労働組合側との思惑が交錯している。



     そうした状況を踏まえ、同社は17日に会計事務所の税務会計担当者を交えた労使会議「経営再建会議」(仮称)を開き、同社の経営状況を発表した。同会計担当者によると、「債務超過で資金がショートしている。約3か月間で売り上げを上げるか経費を見直さなければ、企業の継続は厳しい状態」という分析結果を発表した。

     経営状況は、月に約200万円の資金繰りがショートしているため、川?氏が経営を引き継いでから約1000万円の個人資金を投入している。また、役員報酬は受け取らず一般管理費の削減に取り組んでいるものの、厳しい経済環境が反映して平成23年9月から平成24年4月の売上高は1億4860万円で、そのうち労務費や運送費などの経費を引くと1448万円の営業赤字となる。

     会計担当者は「このまま行くと平成24年8月決算、税引き前の段階で2100万円の赤字となる予定」と分析し、4期連続赤字に陥ることを説明した。

     一方、労働組合としては売り上げアップをやり抜くこと、前任経営者のやり方について不満を表明。一方的に経営が悪化しているからといって、単純に人件費を削減するということはあり得ないと主張している。

     川?氏は「雇用の確保と企業の継続のため、私自身の資金も投入した。企業再生のため労働組合に協力を求めている」と述べる。17日の労使会議では、会社の経営状況を説明したに留まっている。「果たして本当に経営は悪化しているのか」。労働組合としては、これから精査する必要があるとしている。

     労使間で、団体交渉とは別に労使協議の場を設けているのは珍しいこと。同社のこれからについて注視していきたい。 (山田克明)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら