Now Loading...
 
  • トピックス

    リフト免許取得の必要性 荷待ち時間軽減、ドライバー負担に

    2013年8月29日

     
     
     

    lift_0826.jpg 生き残りの手段として、ドライバーにフォークリフトの免許を取得させて荷受け先での荷下ろし作業などのサービスを手がけている運送事業者もいる。荷主の倉庫内での人件費削減に貢献することで、運賃の値下げ防止やドライバーの荷待ち時間を少しでも軽減できるケースもある。各運送事業者にフォークリフト免許取得の必要性について聞いてみた。



     大阪市内で10台の車両を保有する運送会社社長は「免許を取得しているのは5人ほど。会社で取りに行かせることはしていない。免許取得の必要性は感じていない」と話す。同社は、設備機械関係の配送を手掛けており、契約では荷下ろしはすべて取引先が行うようになっているが、実際はフォークリフトを使用して荷下ろしをしてほしいという依頼に困るケースもあるという。

     同社長は、「サービスの一環として、できる限り対応はしているが、あくまで顧客に荷物を届けるのが仕事。当たり前にならないように今後は対応をしていく」と語る。

     大阪府東大阪市で50台の車両を保有している運送会社社長は「フォークリフトの免許は必須資格になっている」という。家電関係のセンター輸送を手掛けており、半数のドライバーが免許を取得している。荷受け先ではフォークリフトを使用して荷物を下ろすことが必須で、免許がないドライバーが行くと、荷受け先が荷物を下ろすのを待つことによる長時間の荷待ち時間などの問題を抱えてしまう。同社長は「労働時間などのコンプライアンスを考え、少しでも早く荷下ろしをするためには必要な資格だと感じている」と話す。

     また、全従業員に免許の取得を考えているが、1トン以上のリフトを運転するには4日間の講習を受ける必要があり、「時間的に取りに行かせるのが難しい。そのために採用の面接時には免許を取得している人材を優先的に採用している」と語る。「必要な資格だが、仕事の効率を上げるだけの資格」と話す。

     自社倉庫を保有してピッキング作業や宅配サービスなどを手掛けている運送会社社長は「フォークリフトの免許は必要。配送している荷物の形態にもよるが、自社ではなければ仕事にならない」と話す。同社は、倉庫などでの荷下ろし作業が多く、出入り先の業者にもリフトの免許を持っているドライバーに来てほしいという要望が増えてきているという。また、免許を取得していなければ荷待ち時間に大きな差が生じていることも実感していることから同社長は「当社では必ず時間を取り、免許を取らせている。コストは掛かるが必要な経費と考えている」と説明する。

     一方で、「過剰サービスすると、従来、プラスでもらえていたおカネがもらえなくなってしまう。ドライバーの負担も増えるだけでなく、商品破損事故などが起これば荷主ともめる原因になるので、自社では免許は取らせていない」という意見もあった。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら