Now Loading...
 
  • トピックス

    トラック集めに苦労する元請け 荷主の「浮気」も

    2015年2月16日

     
     
     

     下請けから孫請け、さらに下へと流れる多層構造のトラック運送事業にとって、元請けの仕事を手に入れることが大きな魅力であるのは間違いない。ただ、荷動きのピーク時に合わせた車両台数を抱えるわけにはいかず、繁忙期には同業者に傭車の協力を求めることになるが、ドライバー不足が深刻化するなかで「トラック集め」に苦労する元請け事業者の姿が目立つようになってきた。なかには業を煮やした荷主企業が自ら車両を手配したり、すべて任せてきた元請けを「力量不足」と判断して切り捨てるケースも出ている。



     建築資材などを扱う西日本地区の運送会社を訪ねると、明らかに不穏な空気が漂う。経営者に話を聞けば「うち1社が元請けだった荷主に同業他社が割り込み、仕事を横取りしている」とのことで、積み込みに出向いたドライバーが便数のカットを聞いて帰ってきたところだった。(詳しい内容は、物流ウィークリー2月16日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •