Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    一人でも入れる労働組合がやってきた(28)人事評価を毎月行う

    2012年1月13日

     
     
     

     人事評価の中身について解説する。



     ?配車に対する協力姿勢
     配車について拒否を許さない。労働争議が燃え上がっていた頃は分会員は反発していた。欠勤の連絡も当日の朝にメールでしてくる。配車についても、あからさまに文句をつける。「こんなコースはしんどい。他のドライバーにやらせて下さいよ」。こうした配車拒否は断固として許さない。

     ?荷主からの信頼度
     「あんなドライバーは来させないで下さいよ。あいさつもしない、ぶすっとしている、文句を言う」。こうした荷主からのクレームのあるドライバーも断固として許さない。荷主からのクレームを放置すると売り上げ減につながる。労働争議の時期は荷主からの不信も高まり受注が減少した。荷主第一の精神を徹底することである。

     ?5Sへの取り組み度合い
     あいさつは社内外できっちりとする。車はいつもピカピカ。服装は定められたものを着用する。掃除もする。こうした5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)への取り組み度合いを評価する。労働争議の時は社内の雰囲気は最悪で、ギスギスして働く喜びどころの騒ぎではなかった。5Sという基本をきっちりと確立する。

     ?燃費効率向上への取り組み度合い
     A社ではデジタコを導入している。省エネ運転者については評価し、省エネ運転に取り組まないドライバーには厳しく指導する。

     ?規律を徹底する
     アルコールチェックはしっかりする。会社のルールはしっかり守る。規律を正していく。労働争議の時は会社のルールを破ってもそれが当たり前で、ビシッと注意する管理者もいなかった。

     5項目の人事評価は毎月行う。記録に残す。評価の低いドライバーには個人面談で社長が指導していく。唯一の分会員も同様である。組合員と非組合員の差別なく、きっちりと人事評価する。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら