Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(129)経営改革実践シリーズ(4)

    2016年10月14日

     
     
     

     目標管理制度の確立(4)



     〈経営原理、原則の実践〉
     A社の目標管理の柱は、?物流品質の向上?コストダウンの推進?新しい荷主の獲得…である。社長方針として発表する。この社長方針を受けて、個人目標を設定する。個人目標設定のポイントは次の通りである。

     ?社長方針をよく理解すること。
     ?個人目標を、目標の項目・内容、達成基準、納期の三つの要素とする。目標の項目・内容は自己責任で遂行できるものであること。
     ?目標設定は、具体的指標をはっきりさせることである。具体的指標とは、数値のことである。
     ?目標の項目、内容については、ウエイト(難易度、優先度)を付けること。
     ?日々のチェックを積み重ねていく仕組みを作ること。
     ?個人目標の達成状況については、評価をすること。
     ?自分の立場で精いっぱいやるべき目標項目で、かつ自分の処理能力の向上を目指すものであること。チャレンジということである。

     A社の目標管理の実践は、これからである。A社を取り巻く不況の風は、キツさを増すばかりである。「これからどうしたらいいか」。それは経営の原理、原則の実践である。その一つが、目標による経営である。
     「冬は必ず春となる」と胸に刻んで、目標を掲げて、実行することである。

    1014.png

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら