Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(147)開拓力の発揮〈事例A〉

    2017年3月17日

     
     
     

     〈三重苦⇒力に変える〉



     ?運ぶだけ?では明日が見えない、という状況が、中小のトラック会社を包んで久しい。運賃が上がらない、人がいない、コストが上がる—-という三重苦に包まれている。先行きが暗いのである。いわば、トコトン、ギリギリの状況に追い詰められている。
     A社のトップの経験が示唆する教訓とは何か。それはトコトン、ギリギリの状況で、大変革が起きるということである。荷主に対する全面依存、全面従属という姿勢では、荷主への恨み、つらみがたまる一方—-ということである。
     打算の道は、物流という世界にしっかりと足を踏まえて、道なき道を切り開くフロンティア・スピリット、開拓力をもつことである。物流を取り巻く三重苦を、力に転化する。三重苦を力に変えていくことが、物流企業の生き残り、活性化の道である。
     「必死になれば、何とかなるものですよ。あきらめないことです。勝負は9回裏、ツーアウトからですよ。『何としてもやり抜く』という強い意志がトップにあれば、必ず道は開けますよ」(A社トップ)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら