Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(174)居場所を作る〈事例A〉

    2017年10月19日

     
     
     

    〈居場所をつくる〉
     


     人は自分が主人公となれる居場所があって、初めて本当のやる気が出てくる。B氏の居場所は仕事のみであった。仕事場にトコトンしがみついていた。

     しがみつくだけで発展という成長はなかった。モクモクと身を粉にして働くのみで日々が刻まれていく。こうした居場所は本当のものではない。自己が認められ、気持ちが安らぎ、落ち着き、そして明日への活力がわいてくるのが居場所である。

     経営者の仕事の1つとして職場風土づくりがある。職場風土が味もそっけもなくては人は育たない。単なるワーカホリックの範囲でしかない。もちろんB氏のような人には頭が下がるし、心が痛む。

     しかし、よくよく考えてみると、これでは人が育たない。職場風土には心が落ち着く、気持ちがリフレッシュするといったゆとりがいる。それが活力を産み出していく。居場所づくりが経営者に課されている。

     そのためには自己の将来イメージがしっかりと持てるようにすることだ。そうすれば、必ず居場所は確立する。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら