Now Loading...
 
  • 製品・IT

    タキゲン セキュリティシステムは「顧客ニーズに合わせてカスタマイズ」

    2008年10月17日

     
     
     

     セキュリティシステムといえば、装置の形状規格がある上で、顧客の使用環境に合わせてソフトを組み込むのが一般的。しかし、金物メーカーのタキゲン(杉本直之社長、東京都品川区)は、これとは異なる発想で、ソフトとハードの両方を顧客ニーズに合わせてカスタマイズしている。
     同社のセキュリティシステム部門では、セキュリティ関連のシステム専業メーカーと協業して開発、システム面はソフトメーカーが、ハード面は同社が担う。


    takigens1.jpg
    豊富な商品アイテム数も強み
     例えば、販売中のセキュリティシステム「LE―300シリーズ」は、RFIDを使ったLAN対応の入退室管理システム。同社新製品開発部の中西康晴課長代理は「取り付け施工の手間が少なく、工事は1日もかからない。既存施設に後付けできるのが特長」と説明。「通信配線は既存のLAN環境を利用できるので、各扉に取り付けるコントローラから管理PCまでの配線工事が簡単で安価。本締錠も既存品を流用可能で、扉加工が最小限で済む」という。
     セキュリティ面は、「RFIDカードは、運転免許証やパスポートなどで実績豊富な規格を採用しているので、安心して使用できる」と自信。WEBカメラで入退室の履歴を映像確認できるオプションもある。同氏によると、同システムは「主に小規模な事業所」に導入されている。
     同社では、施設の入退室管理だけでなく、車両の開閉管理システムも揃えている。高級機器を取り扱っている顧客からの「作業者の行動を管理して欲しい」との声を元に製品化されたという。トラックボディーの扉部分に電気錠を取り付け、通常は開閉できない仕組みとし、開閉操作は管理PCで遠隔操作するというもの。移動先でのセキュリティシステムも提供している。
     同社の販売方法は代理店を介すことなく、直販するのがモットー。「顧客のニーズを直接吸い上げて、スピーディに商品に反映させる」ため、「商品アイテムの豊富さ」は同社の強みになっている。(松宮志のぶ)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら