Now Loading...
 
  • 製品・IT

    「安全スニーカー」の丸五、ニーズを追求し続々リリース

    2008年11月21日

     
     
     

     スニーカータイプの安全靴、「安全スニーカー」のパイオニアと呼べるのが丸五(岡山県倉敷市)だ。同社の「マジカルセーフティー」「マンダムセーフティー」は、ホームセンターやワークウェアショップでも高い人気を博しているという。
     同社営業部販売I課の田村豊彦課長に話を聞いた。


    marugo2.jpg
    製品を手に説明する田村課長
     デザインにも凝っており、「現場で働かれる方々が、行き帰りの電車にも、履き替えずに乗れる」ほどスタイリッシュな同社の「安全スニーカー」。ユーザーのニーズに応える形で、バリエーションを拡大してきた。
     現在、最も人気があるのが「マンダムセーフティー」。特に、スリッポンタイプの「#775」は、「脱ぎ履きが非常に楽に行えるのに、履いた時には、かかとに良くフィットする」と好評だという。また、つま先の先芯に二つの穴を開けることで、「足の保護」と「通気性の確保」を両立させている。
    marugo3.jpg
    「マンダムセーフティー#775」
     なお、ベーシックラインの「マジカルセーフティー」は、日本保安用品協会から「プロテクティブスニーカー」の推奨品としても認められており、安全性も折り紙付きだ。
     地下足袋メーカーとしてスタートした同社は建築業界に広く浸透しているが、「これからは、物流業界への普及も図りたい」と同課長。たとえば、「踏めるくん」は、かかとの部分にやわらかい素材を使い、踏んで履いてもフィットするタイプの安全スニーカー。同課長は、「普通のタイプのものを踏んで履くと、かかとが型くずれを起こしてしまうし、ぱかぱかして作業性も悪い」と指摘し、「踏めるくん」で、その課題を解決できると説明。引越事業者などから多くの引き合いが寄せられているという。
     また、先に開かれた「国際物流総合展2008」では、手の甲を保護する作業用手袋「凸凹(でこぼこ)くん」が好評だったという。同製品は、手袋の手の甲の部分に天然ゴム製の「特殊セル」が付いており、台車運搬時など、手をポールや壁に挟み込んでしまった際に衝撃を軽減してくれる。
     従来シリーズより片足で280gの軽量化を実現した「足軽くん」や、特に女性向けに「ゆったり設計」「軽量化」を実現した「メダリオンセーフティー」など、ユーザーの声を聞いた上で、改良タイプも続々とリリースしている。
     同課長は、「『現場の求めているもの』を追求している。これからも、ニーズに合ったものをスピーディーに提供していきたい」と語る。
     HPは、http://www.marugo.ne.jp/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら