Now Loading...
 
  • 製品・IT

    森松産業 衝撃検知インジケーターの販売に注力

    2009年3月31日

     
     
     

     森松産業は、創業50年を超える老舗商社だ。同社は現在、物流業界に対して、衝撃検知インジケーターの拡販に力を入れている。
     主力製品は、輸送・保管中に衝撃や振動がなかったかどうか、荷扱いの状況をモニタリングする「ショック・ウォッチ」。最も普及しているのは、ダンボールや木枠などの梱包材に張り付けるラベルタイプのもの。


     液体の「表面張力」の原理を使い、衝撃を受けると、中央部のカプセル内の液体が赤く変化。衝撃方向や角度、荷物の容積・重さなどに合わせて種類をそろえている。
     製品に直接張り付けるクリップタイプや、小型製品に内蔵するチューブタイプなどもあり、個品への貼り付けは、ノートパソコンなどの小型・高額商品の分野で進みつつあるという。
     電子事業部営業1グループの大脇茂則次長は、「特に、半導体や医療機器などの高額商品に使われることが多い。また、海外輸送など荷物を取り扱う業者が1社にとどまらない輸送形態で、『どこで(衝撃が)起きたか』という責任の所在を明確にするために使われている」と説明。物流企業が導入することで、荷主に「品質力」をアピールすることもできる。
     同製品の機能は、「衝撃の有無」が分かること。破損トラブルを未然に防ぐ一方で、「取扱注意」と大きく書かれたラベルを張ることで、荷扱い者に対する注意喚起の役割も果たす。
     なお、同社は衝撃検知用インジケーターのさらなる普及を目指し、破損検知器の専門サイト「破損トラブル解決.com」を昨年10月に立ち上げた。大脇次長は「こういった製品を求める人が、欲しい物を自由に選べるサイトにしたい」と、サイト開設の狙いを説明する。
     「ショックウォッチ」は200枚以上からの販売となるが、サイト内からの購入であれば「お試しセット」の提供も開始。ユーザーは、製品を評価した上で購入できる。同次長は、「荷物を安全に届けることを支援するためのツール。張ってあることでの(荷主や配送先に与える)安心感は大きいはず」と語る。
     URLは、http://syougekikenchi.com/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら