Now Loading...
 
  • 製品・IT

    タイヤ点検結果 不良率1位は偏摩耗

    2010年2月16日

     
     
     

     日本自動車タイヤ協会(JATMA)が10日に発表した2009年のタイヤ点検結果によると、貨物車のタイヤ整備不良率は30.6%(前年比0.2ポイント増加)となり、特に、偏摩耗を原因とするものが多く見られた。


     同調査は、JATMAが都道府県警察や運輸支局、各高速道路会社と共同で、昨年1年間に全国で32回の路上点検を実施したもの。
     点検した貨物・特種車両480台のうち、タイヤに整備不良があった車両は147台。偏摩耗のほか、溝不足や適正圧の不適正が目立った。
    ◎関連リンク→ 社団法人日本自動車タイヤ協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら