Now Loading...
 
  • 製品・IT

    シスプロ 「日々紹介システム」が高評価

    2010年6月30日

     
     
     

     システム企画や人材サービス事業を展開するシスプロ(大阪市北区)では、「eWサービス」に注力している。これは、人材派遣・紹介を利用する顧客側が行わなければいけない一連の管理業務をWeb上で完結できるというもの。
     このサービスを活用したスタッフの直接雇用を支援する「日々紹介システム」が物流事業者に高く評価されているという。ワーカーズ事業部の若杉和功部長に話を聞いた。


    0629s.jpg 今後、派遣法が改正されれば、業務請負と直接雇用しか選択肢がなくなり、これまでのように物量の波動に合わせたセンター運営が難しくなると言われている。既に請負への移行を進めている企業も多いが、「偽装請負」を警戒し、直接雇用を検討したいという声も聞かれる。ただ、何十人ものパート・アルバイトを企業側の都合に合わせて、募集・採用することは困難だ。
     そこで注目されているのが、「派遣」ではなく、「紹介」という形態。倉庫や物流センターが直接雇用する人材を、「日々紹介」してもらうという仕組みだ。物流事業者にとって利便性が高いことから、3PL企業で導入が進んでいるという。
     しかし、直接雇用では、給与計算を初めとする管理業務がどうしても必要になる。1日に何十人も働く現場では、年間での延べ人数は膨大。しかも一人ひとりに、労働条件通知書の発行、労働者名簿の作成、勤怠管理、タイムカードの集計作業、給与計算、源泉徴収票の発行、扶養控除の申告処理など、これまで派遣では必要なかった作業が、すべて物流事業者側で行うことになる。
     同社では、この気が遠くなるような管理業務を「eWサービス」でシステム化することで、企業側の手間を大幅に省略。同部長は、「日々紹介というサービスは他社でも展開されているが、当社は自社でシステム開発部門を抱えていることで、様々な変化や要望に柔軟かつ迅速に対応できるのが特徴」と胸を張る。「大手物流企業の担当部長から、『ここまで細かい作業をありがとう。助かった』と感謝の電話を頂いたこともある」という。
     「日々紹介システム」の価格は、紹介料がスタッフ給与の20%、業務代行費が1日1500円。紹介するスタッフについては、「独自のデータベースを構築しており、顧客ニーズに合致した人材を選定できる」という。同部長は、「ぜひ、多くの企業で活用頂きたい。気軽に相談してほしい」と語る。
    ◎関連リンク→ 株式会社シスプロ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら