Now Loading...
 
  • 製品・IT

    SGモータース 東大阪店を開設

    2010年7月1日

     
     
     

     SGホールディングスグループで車両整備事業を展開するSGモータース(谷本育生社長、大阪市)は、東大阪店(大阪府東大阪市)を6月21日付で開設。
     全国で25店目の直営整備工場で、大阪府下では大阪店、南大阪店に続く3店目の開設。


    0701sg.jpg
     SGグループでは今年度にスタートした3か年の中期経営計画で自動車整備を重点事業の一つに掲げ、SGモータースは整備拠点の拡充に向けた展開を全国で進めている。
     東大阪店は敷地面積2000坪で建物面積は480坪。従業員数35人で、大型車両用整備ラインが4、小型車両用整備ラインが3あり、洗車設備も設置。営業エリアは、東大阪市をはじめ大阪の北摂地区及び奈良県下を担当する。
     今年4月に極東開発工業ならびに日本トレクスのサービス指定工場の認定を取得し、一般車両に加えトレーラ・ミキサー車など特殊自動車の整備及びフォークリフトなどの修理が可能となった。なお、年間の車検入庫台数は約2600台を見込む。
     SGモータースは、全国直営整備工場のほか、専用ボディ製造工場2か所、整備協力工場270か所による全国ネットワークで、約2万7000台の佐川急便の車両を24時間・365日体制でサポート。また協力会社やその他の運送会社、一般マイカー車両を含めると、年間30万台以上の整備実績がある。
     SGモータース広報担当の菅田耕也課長は「22年度で佐川急便グループ以外の外部シェアが51.9%になり、佐川急便社員4万人の自家用車も視野に入れ、外部シェアを今後60、70%に引き上げていき、今後もさらなる事業拡大に向けた取り組みを推進していきたい」と話している。
    ◎関連リンク→ SGモータース株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら