Now Loading...
 
  • 製品・IT

    富士通フロンテック 中出力型ハンディ発売

    2010年7月28日

     
     
     

     富士通フロンテックと富士通は、「中出力ハンディリーダライタ」の発売を開始した。


    0728f.jpg
     同製品は、中出力UHF帯RFID機器の総務省令改正に対応。これまでの高出力型と低出力型双方の課題をクリアし、多少距離が離れても一括読み取りを可能にした。一括検品など、業務の効率化を支援する。
     従来、950MHz帯に対応したハンディリーダライタでは、高出力型(構内無線局)、低出力型(特定小電力無線局)の2種類の無線通信の使用が認可されていた。高出力型では「通信距離を長くできるが、登録した構内のみでしか使えない」、低出力型では、「場所の登録が不要で様々な場所で使えるが、読み取り距離が10cm前後まで」などの課題があった。
    ◎関連リンク→ 富士通フロンテック株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら