Now Loading...
 
  • 製品・IT

    フリーベアコーポレーション 画期的なトランスファー

    2011年5月24日

     
     
     

     少しの力で重量物の移動や搬送を可能にする画期的なトランスファー「フリーベア」を製造販売する、フリーベアコーポレーション(大阪府東大阪市)は、そのノウハウを活用して丈夫で軽いだけでなく、利便性を兼ね備えた運搬台車を販売している。


    0519-1.jpg
     同社は約50年前から運搬台車の開発・販売を手掛け、宅配業界をはじめ様々な分野で導入実績を誇っているが、その中でも「ユニエース150」(写真下)は、2輪(猫車)と4輪台車が一体となった台車で、狭い通路でも小回りが良いことから人気を集めている。
     また、荷物の量や形に合わせ3通りに変形する「ユニキャリー200T」をはじめ、本体重量がわずか6kgと軽量でステンレス製の錆に強い「ユニハーフ」もそろえている。「ユニエース150」と「ユニキャリー200T」は、スチール製で「ユニエース150」の全長は1045mm、荷台の長さ930mm、幅が450mmで自重が15.4kg。積載荷重は150kg、200kgとなる。「ユニハーフ」は、100kg。
     また、同社は荷物の形態や、それぞれの現場に合わせたオーダーメイドの台車も1台から製造販売している。同社営業技術部課長の中農竜二氏は「扱いやすさと利便性を兼ね備えているので、安全かつスピーディーな搬送に大きな威力を発揮する」と説明する。
     商品価格は、「ユニエース150」が3万4000円(税抜き)、「ユニキャリー200T」が5万2000円(同)、「ユニハーフ」が3万2000円(同)となる。
    ◎関連リンク→ フリーペアコーポレーション

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら