Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日本ミシュランタイヤ 資源活用の取り組みを紹介

    2013年10月9日

     
     
     

     日本ミシュランタイヤはこのほど、ミシュランミーティングを大阪で開催。約20社の運送会社が参加した。環境保全のためタイヤ資源を有効活用する取り組みなどが紹介された。
     ペルティエ・ドミニク常務執行役員はミシュラン3R(長寿命、再使用、資源の再活用)について説明。特に、国内タイヤメーカーにはない、摩耗が進んだタイヤに再び溝を刻んで、走行寿命を延ばすリグルーブが可能な点を強調した。


    091409.jpg
     ユーザーの講演では、富士運輸(奈良市)の松岡弘晃社長が路線荷物、航空貨物、家具、郵便、一般雑貨と様々な顧客の荷物が1台のトラックで積載できるスーパーマルチ車両を開発、導入していることを紹介。
     ミシュランタイヤについては、「最大のメリットはリグルーブできる点。大型の高床トラックで25万kmを走行でき、1km当たりのコストが全然違う」などと話していた。
    ◎関連リンク→ 日本ミシュランタイヤ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら