Now Loading...
 
  • 製品・IT

    中古トラックのプロトラック 長年の目利きで車両を厳選

    2014年4月7日

     
     
     

     中古トラックの販売・買い取りを展開するプロトラック(群馬県伊勢崎市)は、中村仁社長をはじめとするディーラー出身者らが6年前に立ち上げた若い会社。現在はリトラスグループの群馬車輌センターとして、群馬全域、栃木南部、埼玉北部を中心に事業展開している。
     創業当時について同社長は、「ちょうどリーマン・ショックの頃で、買い取りの依頼が異常に多かった」と振り返る。需給バランスによって価格変動が大きい市場だが、「ディーラーに勤めていた頃の経験を生かし、時流に乗り遅れないよう、うまく立ち回るようにしている」という。


    011607.jpg
     出浦浩一取締役は、「デフレが続き運賃が上がらないなか、燃料価格の高騰やタイヤ価格の上昇などで新車購入を躊躇される運送経営者は多い。先行き不透明なこの状況に対応していくには中古車が最適」と訴える。同社長も、「あえて中古車を購入し、うまく活用していきたいという前向きなユーザーのために、なるべく走行距離が少なく、年式の新しい質の良い車両を用意している」と付け加える。
     現在は常時60〜70台を在庫として保有し、年に10台程度のペースで増やしている。同社長は、「4トン、大型中心にそろえてきたが、近年は2トンにも注力している。ダンプやクレーンなどの建設関係車両に加え、ウイング車の扱いにも自信を持っている」とし、「長年にわたって培ってきた目利きの力で、コストパフォーマンスの高い車両を供給している」と語る。
     地域密着経営で、既存ユーザーへの車両情報の提供にも力を入れている同社。出浦取締役は、「価格、年式、仕様などを吟味し、厳選した車両を豊富に在庫しておくことで、『プロトラックに行けば何でもそろう』と、頼られる存在になりたい」と意気込む。
     中村社長も、「遠慮なく『こういう車がほしい』と言っていただければ、探してご用意する。リトラスグループでは車両の点検基準をグループ各社で統一しているため、安心感を持って購入いただけるはず。まずはHPを見てほしい」と語る。
    ◎関連リンク→ 株式会社プロトラック

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら