Now Loading...
 
  • 製品・IT

    CMマネージメント 廃車費用が一切無料「カーネクスト」

    2015年11月20日

     
     
     

     CMマネージメント(福重生次郎社長、大阪市中央区)が運営する廃車の買い取りサイト「カーネクスト」の廃車買い取り台数が、10月で3万6000台を突破した。国内の中古車(廃車)台数が減少傾向にある中、同サイトによる買い取り台数は2009年から毎年増加し、今年は過去最高の2万5000台を見込む。事故車や不動車でも費用が一切かからない「0円廃車」が支持されている同サイトでは、乗用車だけでなくトラックや商用車も積極的に買い取り、商用車の買い取り台数は3000台に上る。同サイトの仕組みについて、取締役最高執行責任者の安部哲史氏に話を聞いた。
     「不安なく・手間なく・費用なく」をコンセプトとしている同サイトでは、全国展開で廃車や事故車の買い取りを行っている。一般的に「廃車はお金がかかる」と認識されており、また、費用も業者によって異なるなど不透明で、ユーザーにとって分かりにくい市場となっているが、同サイトはレッカー代や書類手続き代行費用など、ユーザーが一切負担しないサービスを実現。さらに、車両によっては正確な金額での高額買い取りも行う。


    112602.jpg
     同サイトでは、廃車や事故車を主に海外に輸出し、リサイクルすることで収益を得ているため、「0円廃車」を実現。安部氏は、「日本車は海外での需要が高い。特にアジア圏では日本製のトラックや重機が人気で、近年はアフリカへの中古車の輸出も増えている」と説明。「アフリカへは、今は乗用車やバスが中心だが、今後、インフラ整備が進むとトラックも需要が伸びるのではと期待している」とし、「日本人とは見るところが違い、海外ではエンジンの調子や走行距離などが重要視されるので、年式が古いトラックでも需要がある」と語る。
     大型車などでも全国どこでも対応し、他府県で事故に遭ったり故障で止まったりして、ディーラーにも頼めない状況のときでも引き取りにうかがう。査定から手続きまでネットですべて完結するほか、年中無休のコールセンターによる万全のサポート体制を敷いているという。
     また同社では、買い取りした車両を出品するネットオークション「CNUオークション」を運営している。「会場を持たない」ことで輸送費用や時間の削減を実現し、昨年7月の提供開始から1年強で加盟店が1500社を突破。さらに1年後に7000社を目指す。「実物を見ずに売買するため、当初は購入先からクレームもあった」が、「今は全国に400人ほどのアルバイトを雇い、車両の写真撮影やエンジンの調子などを確認している。これらの情報を提供し、購入前の判断材料としていただいている」という。
    112601.jpg
     同氏は、「これからもインターネットを使って、当たり前じゃないことを当たり前にしていきたい。これまで当たり前でなかった、『廃車の無料引き取り』を実現できた。さらに色々なサービスを提供していければ」と意気込みを語る。
    ◎関連リンク→ 株式会社CMマネージメント

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら