Now Loading...
 
  • 製品・IT

    トヨタL&F 新型モデルのフォーク発売

    2015年11月20日

     
     
     

     豊田自動織機(大西朗社長、愛知県刈谷市)の社内カンパニー・トヨタL&Fカンパニーは11月22日から、1~2トン積みコンパクト電動フォークリフト「GENEO―Ecore」の新モデルを発売する。新モデルは自社開発の新型ACモーター、新型モータードライバー、新型油圧コントロールシステムを採用したことで稼働時間を従来車から91分延長。そのほか、国内のカウンタータイプフォークリフトでは初となる旋回速度自動制御装置の標準搭載など、使いやすさと安全性の向上などが図られている。
     小林博技術部長は新モデルのコンセプトについて「どんなお客様にも使いやすく、安全に使っていただける性能を追求した」とし、大西敏文専務は「海外では電動カウンタータイプフォークリフトが約半分のシェアを有しているのに対し、国内は全体で約1割。フォークリフトの設計上、三輪車は理にかなっている面が多い。まだまだ三輪の小回りの強さやスペース活用などの魅力に気付いていただける余地がある」と話す。


    112614.jpg
     希望小売価格は積載トン数1.5で296万9000円(税抜き)。
    ◎関連リンク→ 株式会社豊田自動織機

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら