Now Loading...
 
  • 製品・IT

    大化物流開発 「物流サーチ」をリニューアル

    2016年2月17日

     
     
     

     大化物流開発合同会社(入江徹社長、大阪市住之江区)は、ポータルサイト「物流サーチ」をリニューアルした。顧客の様々な要望を採り入れ、画面上に全国の会社を簡単に検索できる地域別検索機能と、キーワード検索の項目を97個に増やしたほか、注目キーワード項目も増やした。
     同サイトは、中小企業の倉庫会社や3PL会社を荷主や運送事業者とマッチングさせるために運営しており、無料で登録ができるのが特徴。自社の得意分野(保管、ピッキング作業など)を登録することで、簡単に検索をしてもらえるようにしている。
     柳生充彦氏は「検索する側とされる側の双方にメリットがあるように考えた。登録をすれば、新着情報欄にも掲載されるようになっている」と説明する。


    122213.jpg
     無料登録では、写真1枚と倉庫業務内容、自社独自で行っているキャンペーンなどのお知らせ情報が掲載できる。柳生氏は「登録件数もオープン時から順調に増えてきている。運送業者の方も登録できるので、ぜひ活用していただきたい」と呼びかける。
     また、プレミアムコース(有料掲載)は、写真を最大3枚まで載せることが可能なほか、倉庫事業内容などのお知らせ情報が最大20項目まで登録できる。さらに、トップページへのバナー広告掲載が可能となる。
     プレミアムコースは、3か月で4万5000円(税込み)、6か月で7万2000円(同)、12か月で10万8000円(同)。
     同社ではそのほか、伝票送り状印刷システム「ぴたちょ」や在庫管理などに役立つ「タグリーダー」など物流に特化した製品を販売している。
    ◎関連リンク→ 大化物流開発合同会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら