Now Loading...
 
  • 製品・IT

    シャープ 新たにSJL設立、物流効率化とコスト低減図る

    2016年10月25日

     
     
     

     シャープは9月30日、ChengDu Jusda Supply Chain Management Co., LTD.(JUSDA)と業務提携し、新たにシャープ ジャスダ ロジスティクス(SJL)を設立することを発表。10月3日から事業を開始した。
     今回、同社はこれまで自社で運営してきた物流ソリューション関連事業について、鴻海グループにおいてグローバルに物流関連業務及び物流ソリューション業務を展開しているJUSDA社と業務提携し、同社がこれまで担ってきた物流ソリューション関連業務をSJL社に集約。今後、同社はJUSDA社とSJL社を通じた業務提携のあり方について協議を進る。


     SJL社は、JUSDA社と協業することで物流運営機能・管理機能を高めるとともに、将来的に社外に対しても物流ソリューションを提供していくことで、「物流の効率化・物流コストの低減」と「物流ソリューションの外販による事業拡大」の両面から、収益の拡大を図る。
    ◎関連リンク→ シャープ株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら