Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ワイヤレスゲートとMIC 合弁会社設立

    2016年11月18日

     
     
     

     これから本格的な普及期を迎えるIoT。多くの機器を通信で結ぶ必要があるため、高速かつ大容量で高セキュリティにデータを取り扱えるプラットフォームのニーズが、産業用IoT通信の分野を中心に高まっている。
     ワイヤレス・ブロードバンドサービスを提供するワイヤレスゲート(池田武弘CEO、東京都品川区)とモバイル・インターネットキャピタル(MIC、山中卓社長、同港区)は、合弁会社「LTE︱X(エルティーイー・エックス)」を設立し、産業用IoT向け高速通信プラットフォーム事業に本格的に参入する。物流業をはじめ、工場や病院、セキュリティでの利用を視野に入れる。
     プラットフォームのコアテクノロジーには、「LTE over Wi-Fi(エルティーイー・オーバー・ワイファイ)」を採用。高速かつ大容量、高セキュリティが特徴で、Wi-FiアクセスポイントをLTE基地局のように動作させることで、LTEネットワークが持つ機能をWi-Fi上で実現するため、大規模な投資をせずとも低コストのプラットフォームの構築を可能とした。通信コストは、大手携帯キャリアの10分の1まで低減するとしている。


    101826.jpg
     システムの完成は今年12月中を見込んでおり、来年4月をめどに商用サービスをスタートする予定。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら