Now Loading...
 
  • 製品・IT

    YURUSOR ラッシングベルトゆるみセンサー

    2017年6月21日

     
     
     

     YURUSOR(ユルサー、長野県飯田市)は、ラッシングベルトのゆるみセンサー「YURUSOR×4(ユルサー・バイフォー)」の販売を8月末に予定している。「ゆるみを許さず、ドライバーには運転に専念を」と語る熊谷雄一社長に話を聞いた。
     同製品は、運転席モニター1個とゆるみセンサー4個のセットで、無線でネットワークをつなぐ。センサーをラッシングベルトに取り付け、ゆるみを検知すると2段階で瞬時にドライバーに知らせる。「ラッシングベルトは純正の使用を推奨しているが、他社製品でも使用可能」としている。


    062830.jpg
     「ドライバーにとって、ベルトのゆるみは目視による確認が一番」と説明する同社長。「センサーを付けたベルトを締めて、電源を入れるだけで、運転中でも確認できる」と簡単な操作性をアピールする。今後はチェーンブロック用など、様々なタイプを販売できるよう、開発を始めているという。「大切で高価な荷物と、まわりを走る自動車の安全のために、活用していただければ」と事業者にメッセージを寄せた。
    ◎関連リンク→ YURUSOR株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら