Now Loading...
 
  • 製品・IT

    KSR 業務の見える化実現、現場と本社で情報共有「Ktrn21」

    2018年8月21日

     
     
     

    運送業向けの統合型システム「Ktrn21」の開発から販売を手掛けるKSR(京都市下京区)。

    同システムは、業務の見える化を実現しているため、翌日には営業実績を把握することができ、各種実績照会サービスにより、現場と本社で情報共有することが可能。

    導入時のマスター登録も過去のExcelデータがあればスムーズに行え、データ移行の手間を軽減できる。

    また、従業員の出勤状況も簡単に確認可能な運行勤務割登録画面や、配車マンの業務を1つの画面に集約し、車両と貨物の紐付けをドラッグ&ドロップで簡単に作成できる機能、また、リピーター顧客(定期便など)用に半自動で配車する機能も実装。

    営業本部の植田聖部長(写真右)は「入力業務の無駄を省き、誰でも操作ができる仕組み。システムもパッケージの中から事業所ごとに必要なものだけを選べるのが特徴」と説明する。

    小野隆夫社長(同左)は「今後は、多くの社員を投入し、販売の強化を考えている。まずは、BtoBの会社を対象に対応できるようにしていきたい。導入後1、2週間もあれば誰でも使用できるようになる。改善点なども、今後バージョンアップして対応していきたい」と語る。

    両氏は「日々の忙しい業務を簡素化し、最小人数で業務ができるシステム。多くの機能が備えられているので、運送会社の業務全般を網羅している。ぜひ、導入していただき、業務の改善や作業効率アップなどに役立ててほしい」と話す。

    ◎関連リンク→ KSR株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら