Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ミズノ 今や猛暑対策は必須「エアリージャケットTOUGH」

    2019年9月13日

     
     
     

     スポーツ用品メーカーのミズノが提供する夏用ワークウェア「エアリージャケット」は、上着内部に風を送りこむファンとバッテリーを装着した猛暑対策用の高設計作業着。同シリーズは昨年の発売を機に開発を重ね、今年、最新モデル「エアリージャケットTOUGH」を発表した。

     同社のワークビジネス事業部の外処一記氏は「昨年の初期モデルも含め、ファンを回してもシルエットが丸々と膨らみにくい」と話すが、その秘密は、「体の動きに合わせて細かく立体的に裁断し、縫い合わせてあるから」だという。また、単に「空気を通して涼しくする」という発想ではなく、「汗をかきやすい胸の中心部と背中の中央辺りに風を流し、汗が乾く際の気化熱で涼しくする」というもの。「初期モデルの生地は綿が入っており、手触りは少し柔らかめですが、最新モデルはポリエステル100%で、ちょっとゴワゴワした感じ。でも立体裁断効果で体にほどよくフィットし動きを妨げない設計。実はこの生地、ラグビーやサッカーの激しいスポーツで使用されるウェアに良く使われる耐久性の高いもので、引っ張ったり擦れたりしても破れにくく、軽くて撥水性もある。何より空気が外に漏れにくいので、風の通りが良い。上着も、汗をかいた体でジッパーを首までしっかり締めた方が涼しい」とし、「首の前の部分に風が抜けるよう空洞を生み出すために、ジッパーはわざと湾曲させて取り付けている。

     バッテリーの取付位置もバランスを考え、背中側腰の中央につけることで、重さも感じにくくなっている」と話す。汚れたらファンとバッテリーを取り外し、ネットに入れ、自宅の洗濯機で洗濯もできる。バッテリーは最長20時間稼働でき、ファンを最強のハイパワーにしても連続4時間使用可能。

     価格はオープン価格(店頭販売予想価格1万2000円)、ファンとバッテリーのセットは別売り。フルハーネス型安全帯対応モデルや、一般生活者の軽作業やスポーツ観戦用に薄手の生地で半袖タイプのものもラインナップ。「今や、夏の現場での猛暑対策は必須。健康的・効率的に働くために、ぜひ試してみていただきたい」と語る。カラーはグレー、ネイビー、ツートンで、メンズサイズのS~4XL。ミズノのネット販売または大手ホームセンターなどで取り扱い中。

    ◎関連リンク→ ミズノ株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別記事一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら