Now Loading...
 
  • 製品・IT

    サン・マイクロシステムズ 「 EPCglobal 」に加入

    2004年12月16日

     
     
     

     サン・マイクロシステムズは16日、RFID (無線ICタグ)の国際的な標準化団体 である「 EPC global 」に加入したと発表。日本市場でのEPCネットワーク活用機運の高まりと固有の要求仕様が顕在化していることに対応し、日本法人として参加した。
      今後、EPCネットワークについての最新情報を取得・利用し、EPCネットワーク導入を行うための製品・サービスを提供していく。また、実証実験への参画などを通し、日本や業界固有の課題点・要求事項を把握。日本市場でのEPCネットワーク導入を支援するサービスを提供していく。
     サンではEPCに準拠したRFIDシステム構築のためのソフトウェア製品「Sun Java(TM) System RFID Software」を今年11」月から販売。また、本社内に7月に開設した「Sun RFIDデザインセンター」で、実際に使用するタグやリーダーなどの物理的な動作検証や「Sun Java System RFID Software」を用いた高度なSCM、CRM のシステム構築と動作実証などのサービスを行っている。
      同社では、「今回の『EPCglobal』への参加を通して、これまで以上に日本市場における EPCネットワークの普及促進に貢献していく」としている。
     「EPCglobal」は、国際的な流通標準化機関である国際EAN協会と米国の流通コード機関である UCC (Uniform Code Council)の共同出資により2003 年に設立されたRFIDの国際的な標準化団体。RFIDとネットワーク技術の活用でサプライチェーンの全体最適実現し、企業の業務効率向上を実現する EPCネットワークの普及推進を行うことを目的に活動している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら