Now Loading...
 
  • 製品・IT

    インフュージョン HT2台セットのWMSが89万円

    2006年3月28日

     
     
     

     在庫の『見える化』をコンセプトに開発したWMS『在庫スイート2』で知られるインフュージョン(横浜市港北区)は、6月末までの期間限定で、「新年度見える化キャンペーン」を開催している。
     同キャンペーンは、『在庫スイート2』をコンパクトにした特別エディション版と、カラー液晶ハンディターミナル(HT)2台をセットにしたWMSシステムを89万円(税別)で提供するというもの。バーコード発行ソフトと1か月間の無償サポートもつく。東京・神奈川の企業限定で、先着30組まで。


     同社の角三十五社長は、「WMSの導入コストは一般的に総額500万円からと言われており、小規模倉庫では規模もコストも大きすぎる」と説明。「しかし、たとえ小規模倉庫であっても、『先入れ先出し』や『ロット別オーダー』への対応は必要で、その対応には、WMSが提供する『作業の正確性・迅速性』や『履歴の追跡性』が有効」とし、「多くの企業から、『規模に合った導入しやすいWMS』が望まれていた」とする。
     キャンペーンセットの特徴について、「カラー液晶メモリHTでの運用をベースに『在庫の見える化』を実現する点」とし、「『先入れ先出し』や『ロット別出荷』に対応するには、ロット別や日付別で正しく『在庫が見える』ことが基本。正しい情報を確認することで、正しい作業を行うことができる」とする。
     また、「履歴の見える化で、すべての作業が時系列で追跡できる。特定アイテムやロットでの不具合発生時にも、瞬時に出荷先一覧が追跡でき、業務の効率化はもちろん、ユーザーへの安心も提供できる」と付け加える。
     同社は2003年12月、在庫管理パッケージとして『在庫スイート』を開発。以後、ユーザー企業のニーズを一つずつフィードバックし、改良・開発を継続。今年1月には、小規模倉庫での運用を想定した業界の常識を覆す19万円という低価格のWMSも発表している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら