Now Loading...
 
  • 製品・IT

    インテークマジック 参議院議員会館で公開実験

    2006年4月11日

     
     
     

      トラックや乗用車のエアクリーナーに貼るだけで空気の流れを変え、完全燃焼を促進させるという『インテークマジック』。有害な排ガスを無害化させるだけでなく、燃費向上やパワーアップにも効果的なシールとして注目を集めている。同製品の公開実験がこのほど、永田町の参議院議員会館で、京都府選出の松井孝治参議院議員立ち会いのもと開かれた。同実験は、『構想日本』でパブリシティ担当ディレクターを務める西田陽光氏が主宰する新技術研究会(アークの会)が催したもので、船井総合研究所の船井幸雄会長もゲストとして参加した。


     松井議員のマイカーで実験を開始。突然の自車での実験に興味津々の同議員だったが、排ガス計測装置の数値が、シール使用前後で大きく変動するのを目の当たりにし、驚きの表情を見せていた。
     実験に先立ち、開発者であるインテークマジック(富山県富山市)の徳本敏高社長が同製品について講演。「燃焼前の空気交換をバイオテクノロジーで完全燃焼させている」とし、「エアクリーナーに貼りつけることで空気の流れを変え、ピストン内でミクロ単位の空気の渦『マイクロトルネード波(MT波)』が作り出され、一酸化炭素(CO)などの有害物質を大幅に削減させる」と解説。
      既に同シールをマイカーに貼っているという船井会長は、「誰よりも驚いているのは、当初、まったく信用していなかった私の運転手。車の調子が日増しに良くなっているようだ」と語った。
     『インテークマジック』は、1枚3万1500円(税込)。大型トラックには2、3枚が必要だが、一度張れば効果は半永久的という。問い合わせは、http://www.naykid.jp/まで。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら