Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ソーバル 世界最小サイズのUHF帯RFID組み込みモジュール

    2006年9月6日

     
     
     

     ソーバル(東京都大田区)は5日、世界最小サイズのUHF帯RFID組み込みモジュール「SkyeModule M9」を発売すると発表。
     同モジュールは、外形寸法66mm×36mm×5mmという超小型サイズ。薄く軽いため、ハンディ型RFIDリーダ・ライタやRFID対応ラベルプリンタをはじめ、あらゆる機器への組み込みが可能。また、次世代規格のGen2にも対応。マルチプロトコル対応でEPCやISO18000-6(Type-B)準拠のICタグを扱うことができる。
     さらに、ファームウエアをアップグレードでき、同モジュールを製品へ組み込んだ後でも、新たなプロトコルへの対応を可能にしている。
     「SkyeModule M9」の価格はオープン。開発試作用キット「SkyeModule M9 Development Kit」は38万円。いずれも10月中旬の出荷予定。
     ソーバルでは同キットを購入した顧客専用のサポート窓口を開設し、顧客の製品への組み込みを支援する。
    ◎関連リンク→ソーバル

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら