Now Loading...
 
  • 製品・IT

    高島屋と日本NCR ワイシャツ売場でICタグの実証実験を開始

    2006年11月6日

     
     
     

     高島屋(大阪市中央区)と日本NCR(東京都港区)はこのほど、日本橋高島屋ワイシャツ売場で「無線ICタグを利用したリアルタイム在庫管理システム」の実証実験を開始した。実験を通じてシステム的な課題や運用上の問題の整理・解決を図り、2007年春の本格稼動をめざす。
     同システムは、個々の商品に付ける無線ICタグ、アンテナを内蔵した商品陳列棚・ストック棚、商品入荷用端末や在庫を表示する電子ペーパーディスプレイなどを組み合わせて運用。
     店頭やストック場の在庫商品に付けられたタグを一括で読み込み、入荷から販売に至る商品の動きをリアルタイムに把握するというもの。
     販売員は在庫の有無だけでなく、在庫している場所までも瞬時に分かるため、顧客を待たせない等のサービス向上や販売機会損失の減少、在庫の適正化などが期待できる。
     実験では表面が再印字可能なリライト型無線ICタグを利用し、JANコードやサイズなどを印字した一体型タグとして再利用する。
     紳士ワイシャツは同一商品でも首周りと裄丈の異なるサイズが多数あり、顧客が求める商品の在庫確認や商品の提供までに時間がかかり従来から課題となっていた。
     同実験は3か月間行われ、高島屋は入荷から販売に至るノウハウと実験場としての売場を提供、NCRは無線ICタグやシステムを提供している。
     また、紳士ワイシャツの商品供給ではCYOYAが、システム開発ではオムロン、日立製作所、日精、日興通信、フェニックスの各社が協力している。
    ◎関連リンク→日本NCR

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら