Now Loading...
 
  • 製品・IT

    富士通 RFIDタグ100枚の移動一括書き込みを実用化

    2006年12月8日

     
     
     

     富士通、富士通研究所、富士通フロンテックはこのほど、100枚のUHF帯RFIDタグに一括で情報の書き込みを行う技術の開発に、業界で初めて成功したと発表した。
     従来の書き込み技術では、荷物がゲートを通過する時間内で多くのタグデータの読み取り・書き込みの処理を行うことができず、1回の検品個数を制限するなど運用上の制限を設ける必要があった。
     今回、3社が共同で開発した技術では、実用的な速度(毎秒1m)でゲートを通過する100枚のRFIDタグに対し、一括での情報読み取りと書き込みを同時に行うことが可能になった。
     これは、書き込み性能に優れる「UHF帯FRAM内蔵タグ」の採用に加え、同一タグの無駄な検出を回避する「タグ検出性能向上技術」、複数のアンテナを効率よく制御する「データ読み書き性能向上技術」をハードウェア、ミドルウェアに搭載することで実現した。
     富士通と富士通フロンテックでは、同技術を搭載したハードウェア、ミドルウェア製品を2007年春より順次提供し、RFIDタグを利用した一括検品システムの普及を推進するとしている。
    ◎関連リンク→富士通

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら