Now Loading...
 
  • 製品・IT

    オフィス24 拠点間の通話が無料になる「LAN-Biz-Phone」

    2007年1月12日

     
     
     

    「LAN-Biz-Phone」(ラン・ビズ・フォン)は、電話の子機を拠点ごとのインターネット回線につなぐだけで、自動的に本社の交換機に接続し、拠点間での内線使用が可能になる新しいビジネスフォン。オフィス用品のコンビニや、通信・OA機器販売を手がけるオフィス24(東京都新宿区)が提供している。


      これまでのビジネスフォンは、IP電話を使った場合でも拠点ごとに交換機やアダプタを準備する必要があったが、同製品なら、本社の交換機で全ての拠点に対応可能。内線での利用になるため、拠点間の通話は当然無料になる。
      同社広報室の河井田哲也氏は、「電話の利用頻度が高い運送業界の皆様にとって、非常に有効なサービス」と語る。
     また、子機には液晶画面がついており、ビデオフォン機能を搭載。拠点間のテレビ会議などにも使用でき、顔を見ながらの対話が可能になる。
      同氏は「一般的な『ビデオ会議システム』などは、準備に時間がかかる」と指摘し、同製品なら「電話機についた液晶画面で、簡単に会議を開始できる」と手軽さにも自信を見せる。さらに「ネットワークカメラを接続すれば、遠隔地や倉庫内の監視にも利用できる」とし、「すでに在宅介護の現場などで普及が進んでいる」と説明する。
     同社ではこのほど、子機として携帯電話を利用できる新しいサービス「LAN-Bizケータイ」をリリース。無線LANの通じない場所や、インターネット環境にない場所など、子機の使用範囲が飛躍的に拡大した。同氏は「倉庫内での連絡手段などとして使っていただける」と、物流業界への普及に意欲を見せる。
     「LAN-Bizケータイ」を含むセット標準価格は59万8000円(交換機、ビデオフォン2台、LAN-Bizケータイ1台)。追加のビデオフォンは1台9万5000円、同ケータイは1台7万円で販売する。子機は、ビデオフォンと携帯電話を合わせて最大100台まで接続可能。
     河井田氏は「『無料通話』のメリットを存分に活かし、経費削減につなげていただきたい」とアピールする。
     問合せは、電話03(5330)1165番。
                               (07/1/12)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら