Now Loading...
 
  • 製品・IT

    三井物産 国際物流でICタグ利用の商用サービス開始

    2007年5月18日

     
     
     

     三井物産は17日、NTTと日本郵船と共同で、国際物流用のアクティブ型ICタグを開発したと発表。総務省が昨年末に周波数開放した433MHz帯域で、国内で初めて技術認定を受けた。
     同帯域はすでに海外で多く使われており、今回開発したICタグを活用することで、コンテナやパレット、鉄製輸送用ラック、ケースなど、国際間を循環して利用される物流資材の所在確認や適正配置、回転率、紛失抑制に有効な情報を把握し、商品の物流管理をより精緻に行うことが可能になる。


     価格に関しては、従来比1/5から1/10以下となる500円前後を目指す。なお、販売だけでなく、タグとリーダのリース・レンタル事業も行なう予定。
     また、日本ユニシスと共同で、国際標準仕様のICタグ物流情報管理ASPサービスも提供する。同ASPサービスにより、数億から10数億程度が必要とされていたシステム構築費用が、従来比1/10から1/20以下に下げることが可能になる。
     同社では今夏より順次、日本—米国間、日本—中国・韓国等のアジア・アセアン間、日本—欧州間等、同社が取り扱う現場での実用化を開始する。
    ◎関連リンク→三井物産

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら