Now Loading...
 
  • 製品・IT

    フレームワークス 新製品にオラクルミドルウェア採用

    2007年5月21日

     
     
     

     フレームワークスは21日、サプライチェーン全体最適を実現するための新たな情報システム基盤「物流プラットフォーム(仮称)」に、日本オラクルの「Oracle Fusion Middleware」を採用したことを発表した。
     同製品は、サプライチェーン全体のモノの流れの状況管理・実行処理・プロセス改善を実現する情報システム基盤。同製品を利用することで、海外を含む工場・物流センター・倉庫・店舗等の各拠点在庫や、輸送途中の積送在庫などを広域かつ複数の拠点にわたってコントロールすることが可能となる。
     顧客対象は、「国際物流・国内物流において多拠点展開、多地域への配送の物量・頻度の高い企業」、「サプライチェーン全体の物量が経営に影響を及ぼす製造業」、「導入済みの個別実行系システムの連携により全体最適化を目指す企業」、「3PL型物流事業者、製造業系物流子会社」を見込む。製品の完成としては10月頃を予定。
    ◎関連リンク→フレームワークス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら