Now Loading...
 
  • 製品・IT

    凸版印刷 ICタグ実験・開発施設を移転・集約

    2007年11月3日

     
     
     

     凸版印刷(東京都千代田区)は、ICタグの導入テストを行う実験施設「TOPPAN RFID LAB953」を埼玉県新座市の同社朝霞工場内に移転するとともに、複数地区に分散していたICタグの技術開発拠点も同所に集約し、「TOPPAN RFID LAB朝霞」として再構築した。
    実験施設を利用する企業に対し、より質の高いテストソリューションを提供するとともに、開発期間の短縮を図る。


     「LAB953」は、物流分野での利用が期待されているUHF帯ICタグを、導入時の利用環境に近い状態で評価や実装実験を行うことを目的に、2005年12月に凸版物流の西が丘事業所の物流倉庫内に開設した施設。顧客の実導入前の評価テストや官公庁の実証実験に活用されているという。
    関連リンク:凸版印刷

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら