Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ジェイアイズ 提案型営業向けソフト「収穫祭ASP」

    2007年12月6日

     
     
     

     業務用ソフトの開発・提供を手がける、ジェイアイズ(岡本哲史社長、大阪市北区)は、確実な受注をもたらすためのアドバイスとして、提案型営業向けの営業革新ソフト「収穫祭ASP」を発売した。
     岡本社長は「営業工程表を戦術データーベース化したもので、商談手順のアドバイスをするソフト。営業コンサルティングに特化して30年にも及ぶ、森内茂治氏のノウハウをシステム化したもの」と説明する。


     同ソフトは、新規開拓をはじめ、お客からの追加発注など、場面に応じて競合他社との争いを制するための商談手順が選択可能。営業VEのノウハウを取り入れた営業工程表の中から商談場面にあった工程を選択し、その指示に従い進めていくと、次の段階へ移るという仕組み。
     段階ごとにPDCAのチェックが行われ、2つの達成基準が設けられている。達成基準の完了状況により、戦術指示をアドバイス。製品やサービスの価値を機能とコストとの関係で把握し、システム化にすることで価値向上を図っている。
     ソフトの導入効果として、「目的意識が強化され、着実で正確な営業の展開」「営業技術体系が明確になり、組織的な活動が実現」「何となくの惰性訪問がなくなり、目的が意識される」「営業管理の負荷軽減」などを挙げる。
     キャンペーン中で、初期費用は無料。1IDが、税込み2100円となる。岡本氏は「10社限定で、その会社にあった営業工程表を無料で作成している」と説明。「提案力がある物流が行え、営業の競争力も発達する。来年頃には物流コンテンツをさらに強化して本格的に追加していく」と話す。
     問い合わせは、電話06(6881)2030番。
    syukakusai.jpg
    ◎関連リンク→ジェイアイズ

     
     
     
     
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •