Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    豊田自動織機 フォークリフトの鉄道輸送を拡大

    2009年3月9日

     
     
     

     豊田自動織機(豊田鐵郎社長、愛知県刈谷市)はフォークリフト完成車の鉄道輸送を拡大し、CO2排出量の削減とリードタイムの短縮を図る。
     同社は02年、フォークリフトメーカーとして初めて完成車の鉄道輸送を導入し、荷重2t未満の小型車を対象に海上輸送から鉄道輸送への切り替えを進めてきた。さらなる環境負荷低減と物流効率化のため、新たに31フィートコンテナを利用して、荷重2t以上3t以下の中型車の鉄道輸送を開始する。


     同時に、主要販売拠点をハブ化することで、その周辺の販売店と連携して地域全体で輸送効率を上げ、鉄道への切り替えを促進させる。
     08年12月、まず岩手県向けに中型車の鉄道輸送を実施し、ハブ化については福岡県に拠点を設置したところ、いずれも順調に進んでいることから、今年3月までに北海道・東北・九州エリアで、中型車の鉄道輸送およびハブ物流を本格的に展開。
     海上輸送からの切り替えでCO2排出量を1台あたり約4割低減、リードタイムで最大8日間の短縮が可能になる。天候による運行への影響を受けにくいことから、短納期で顧客に届けることもできる。
     07年度の鉄道輸送実績は996台、CO2削減量はマイナス28.9tとなった。08年度は同1300台、マイナス39tの見込み。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら