Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    血中にアルコール 晩酌も削られて…ドライバーの苦悩

    2010年10月27日

     
     
     

     「この前、血液検査でびっくり。『まだお酒が残っていますね』と言われた」という京都府内のドライバー。
     「確かに昨晩は午前1時ぐらいまで飲んでいたが、血液検査をしたのが翌日午前10時ぐらいだったので、抜けているものとばかり思っていた」という。


     「この検査結果を聞いてから飲み方が変わった。早めに上げるようにするし、量も少なくなった」という同ドライバー。
     しかし、「それでも怖い。万一、アルコールが残っていたら…。会社でのアルコールチェックが義務化されるらしいが、それすら『警察の持っているチェッカーと会社のとで性能に差があったら』と考えると…。それ以上になると晩酌をやめるか、ドライバーをやめるかという話になってくる」と危惧する。
     「もちろん、トラックに乗っている間にアルコール類に手を出すことはない。しかし、仕事で汗を流して帰宅して、ビールの一杯も飲めないのはツライ。でも会社に迷惑はかけられない。医者で検査してから、トラックドライバーという仕事の難しさを改めて思い知った」という。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら