Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    セイノーHD 学術助成の対象者決まる

    2012年2月8日

     
     
     

     セイノーホールディングス(田口義隆社長、岐阜県大垣市)は日本物流学会(苦瀬博仁会長)の研究活動を促進することを目的に創設した「田口利八記念西濃運輸学術助成金」の2012年度助成対象者を決定。1月21日に助成金の贈呈式を行った。


    020902.jpg
     同助成金は、創業80周年を迎えた2010年9月に「物流に関する研究全般を支援したい」(田口社長)という思いから創設。学会会長の指名する3人で選考委員会を構成し、対象者を決定する。今回は中光政・東京経済大学経営学部教授と高橋愛典・近畿大学経営学部教授の2人が選ばれた。
     贈呈式で田口社長は「田口利八名誉会長は、トラックによる長距離混載輸送という新しい概念を創った。研究者の方と我々輸送の実務を行う者が協力し、新しい概念が生まれることを期待している」とあいさつ。
     苦瀬会長は謝辞で「物流の研究は実務と深く関わりがある。実務を行う企業から研究の機会を設け、またケーススタディの場も提供して頂けることに感謝している」と述べた。
    ◎関連リンク→ セイノーホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら