Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    SBSグループ 管理職がKYT指導

    2012年3月14日

     
     
     

     SBSグループは2日、危険予知トレーニング(KYT)のインストラクターを養成し、管理職自らが輸送現場で研修・指導する取り組みを本格開始したことを発表した。


     グループ内の物流事業を営む企業の管理職を対象とし、事故削減を目的に始めた取り組み。1、2月に事業所長や運転管理者ら67人に対し、KYTインストラクター養成をスタート。安全管理の現状認識や知識の習得、現場に適した教材の作り方、受講者を動機付ける効果的な研修方法などを学習。3月からはドライブレコーダーのヒヤリハット映像も利用。
     管理者が現場で講師を務めることで、現場全体の安全意識向上を目指す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら